キャッシングが危なくなくなった理由

キャッシングというと膨れ上がる借入れと怖い取り立てのイメージが未だにあるかもしれません。確かに消費者金融のキャッシングの金利が高く、しかも高額な貸付けを過剰に行っていたので、返済できない人が激増し社会問題にもなりました。

 

しかし、現在のキャッシングについては法律での規制が入り、危険性はかなり下がりました。大きなきっかけとなったのが総量規制で、貸付けに対するいくつかのルールが設定されました。

 

最高金利の引き下げ

貸金業法の改正によって、キャッシングの最高金利は大幅に引き下げられました。以前は利息についての法律として利息制限法と出資法という2種類の法律がありました。利息制限法による上限金利は20.0%だったのに対し、出資法では上限金利29.2%でした。ただし、借りる側の同意があれば、利息制限法の20.0%を超える金利であっても実質的に罰則はありませんでした。

 

そこで、消費者金融は、利息制限法の20.0%を超える金利で貸付けを行っていました。当然利息も高くなり、毎月返済を行っても元金が中々減らない状態で、いつまで経っても完済できない人が続出しました。

 

現在は出資法の上限金利が引き下げられ、実質的に金利は大幅に下がりました。現在の貸金業法では、10万円以内なら20.0%、100万円以内なら18.0%、100万円超なら15.0%まで上限金利が下がりました。現在の消費者金融の多くが、最高金利を18.0%に設定しています。

 

金利引き下げによって、いつまで経っても元金が減らないという状況はほとんどなくなりました。

 

返済が負担となっていた消費者金融からの借入れであっても、上限金利の引き下げによって返済が楽に進められるようになったのです。返済に関する相談がある場合でも大手の消費者金融で店舗を設置しているところであれば気軽に返済に関する悩みを打ち明けられるようになっているので、借りるなら店舗のあるプロミス札幌のキャッシングを考えるなど、借入れ先をしっかりと選定することも大切です。

 

 

貸付けは年収の1/3以内までに

消費者金融のキャッシングがきっかけで破産する要因の1つに、過剰な貸付けがありました。例えば年収300万円のサラリーマンが金利12.0%で300万円借入れしたとします。この場合、1カ月にかかる利息は30,000円にもなります。毎月3万円返済しても利息分にしかなりませんし、たとえ4万円返済したとしても1万円しか元金が減りません。

 

過剰な貸付けによって返済不能にならないよう、貸付金額についても年収の1/3までという決まりができました。これが総量規制です。これによって年収に対しての無茶な借入れが実質的に不可能になりました。他社も含めた総額で年収の1/3を超えての貸付けはできないので、A社で100万円、B社でさらに100万円といった借り方もできません。

 

過剰な借入れができなくなったため、収入に対しての返済額が膨れ上がるという心配もなくなりました。

 

収入証明書類の提出

貸付けが年収の1/3までといっても、例えば年収を偽って報告すれば、いくらでも借入れができてしまいます。借りる側が嘘の申告をするケースも考えられますし、貸付け側が過剰な貸付けをするために、嘘の申告を示唆する危険性もあります。

 

これに対しても総量規制によって、借入額に応じて収入証明書類の提出が義務付けられるようになりました。現在消費者金融のキャッシングを申込む時には、借入額が50万円を超える場合、もしくは他社含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が必要となりました。

 

これによって、年収をごまかして多額の借入れをするのも難しくなりました。

 

過剰な取り立ての禁止

キャッシングの不安の1つに取り立てがあります。ドラマなどでは借金取りがきて脅してきたり、家に借金の返済を求める張り紙をしたりというイメージがあります。現在はこのような過剰ともいえる取立て方法は一切禁止されています。

 

現在キャッシング利用者の個人情報は固く守られているので、第三者からみてキャッシングがバレるような取り立ては原則行われません。もちろん怒鳴ったり夜中に電話してきたり、職場に押しかけてくるような取立て方法も行われません。

 

キャッシングの取り立ても以前のドラマのようなイメージは全くなくなりました。

 

特に大手であれば安心感は大きく、TVCMでもおなじみとなるような消費者金融のキャッシングなら初めての方でも安心です。大手ならネット申し込み後の契約機の利用で平日も土日も最短即日融資も可能となっているので、急ぎでのキャッシング利用を希望される場合には土浦市の消費者金融のように契約機の設置がある地域の借入れ情報を確認しておくと良いでしょう。